部分入れ歯・総入れ歯なら、新宿区山吹町にある稲葉歯科医院併設 INABA入れ歯専門歯科室│いびき・睡眠時無呼吸症候群と入れ歯治療

For Foreign Patients

PICK UPいびき・睡眠時無呼吸症候群と入れ歯治療

いびき・睡眠時無呼吸症候群と入れ歯治療

いびき・睡眠時無呼吸症候群と入れ歯治療

健康の秘訣とはなんでしょう?

  • よく食べる

    噛める入れ歯

  • よく動く

    噛む力が出る入れ歯

  • よく笑う

    白くて綺麗な入れ歯

  • よく歌う

    大きく口を開けても落ちない入れ歯

  • よく寝る

    ??

これらの行動は、全てお口の健康が関わっています。この中で、睡眠と歯科の関係については広く認知されていません。これから解説して参ります。

睡眠障害による主症状

  • 日中の強い眠気や疲労感
  • 集中力や記憶力の低下
  • だるさ、倦怠感
  • 起床時の頭痛
  • 朝なかなか起きる事ができない
  • 口が乾く

睡眠障害が全身へ悪影響を及ぼすことは以前から知られています。日常生活、仕事、勉強へ悪影響を及ぼし、今や社会問題になっています。過去に睡眠時無呼吸症が原因の重大交通事故が起きています。

不適合な入れ歯がいびき・睡眠時無呼吸に与える影響とは?

就寝中に舌が咽頭方向へ落ちる、下顎が後ろに移動するために上気道の確保が困難になります。これが閉鎖型睡眠時無呼吸症候群(Obstructive Sleep Apnea Hypopnea Syndrome : OSAHS)の原因になります。歯科では、口腔内装置(Oral Appliance : OA)を用いて下顎を前方へ移動することで、上気道の狭窄を防ぐ治療を行います。
広範囲な部分入れ歯や総入れ歯の方は、下顎を前方に移動して固定する口腔内装置が使用できない場合があります。なぜならば、入れ歯の上に口腔内装置をはめると入れ歯が外れてしまうからです。
正しく適合の良い入れ歯をしないと、睡眠障害を起こす場合があります。具体的には、

  • 就寝中に入れ歯を外すことで口元がゆるみ、口呼吸になる。
  • 適合の悪い入れ歯は使わない場合が多く、口元と舌のバランスが崩れて舌が大きくなってしまう。就寝中に舌が咽頭方向へ落ちてしまい、呼吸を妨げる場合がある。
  • 舌の筋力が弱っている

正しい噛み合わせで入れ歯を作れば、下顎が後方に移動することを防ぐことができます。口腔周囲筋および舌の筋力が強くなります。そして、就寝中も入れ歯を使用することができます。

いびき・睡眠時無呼吸症候群は誰が治療するの?

睡眠障害が出ている方は、肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症などメタボリックシンドロームを合併している場合が多いです。睡眠時無呼吸症候群の分類は、閉鎖型、中枢型、混合型の3つに分類されます。よって、睡眠医療を行っている内科医師、耳鼻咽喉科医師が主導となり治療を進めていきます。

では、歯科医師の役割は何でしょう?医科主治医の診断のもと、口腔内装置が必要となった場合、その製作および歯科治療を任されます。主に閉鎖型睡眠時無呼吸症で、軽症もしくは中等症の方を対象としています。
その他、歯科関連の病気として小顎症(下顎後退症)の方に、顎矯正手術で下顎を前方に移動すると、結果として睡眠時無呼吸症候群が改善される場合があります。この手術は、形成外科医師、歯科医師(口腔外科、矯正歯科)が担当します。

口腔内装置について

下顎を前に移動すると、気道が広がります。気道が広がることで呼吸がし易くなります。この位置で口腔内装置を製作します。一般的な口腔内装置は、上下一体型のマウスピースで顎が一定位置で固定されます(アクチバトール式)。
保険適応の場合はアクチバトール式の口腔内装置を製作します。
自費診療の場合は、上下分離型で特殊なコネクターで連結し違和感を軽減する方法を用います。上下一体型と比較し、ある程度の可動性を有しながら下顎後方移動を防止する機能が備わっています。ドイツエルコデント社製サイレンサーのパーツを使用します。

口腔内装置について

検査および治療費について

医科保険医療機関(内科、耳鼻咽喉科等)で検査および診断を受け、歯科へ診療情報提供書(紹介状)をお持ちの方は、口腔内装置治療は保険適応となります。製作および治療費は、3割負担でおおよそ12,000円です(医科検査および治療費は別途。経過観察料、その他の一般歯科治療は含まず)。
診療情報提供書をお持ちでない方、いびき・睡眠時無呼吸予防のために口腔内装置製作を希望する方は保険適応外40,000円(税別)の費用がかかります。

いびき・睡眠時無呼吸予防のために口腔内装置を作りたい!!

  • 家族から、寝ている時に「いびきがうるさい!」と指摘された
  • 目覚めが悪い、寝たつもりなのに疲れている
  • 毎晩の眠りが浅い感じがする
  • 医科で検査を受けたが、診断が付かなかった
  • 早く装置を作ってほしい

その場合は、自費診療になりますが口腔内装置製作を行っています。製作および治療費は40,000円(簡易検査料10,000円+製作料30,000円(税別))です。こちらの口腔内装置は、ドイツエルコデント社製サイレンサーのパーツを用いて製作いたします。
※ 口腔内装置装着後に症状改善されない場合は、医科連携医療機関へ紹介する場合があります。

まずは、自分の睡眠状態を調べてみよう!

当院は、歯科で最新の簡易検査が受けられる医療機関です。歯科では全国的にまだ普及していません。ご自宅で指先と首元に簡単な装置し、普段と同じように一晩寝るだけで簡単に検査が行えます。指先の血流量から睡眠時無呼吸を評価します。後日、当院でレポートを発行いたします。

装置の特徴

  • 脳波を使用せずに睡眠・覚醒を識別
  • 鼻カニューラを使用せずに無呼吸を識別

評価項目

  • 無呼吸低呼吸指数(AHI)
  • 呼吸障害指数(RDI)
  • 酸素飽和度低下指数(ODI)
  • 覚醒
  • REM睡眠
  • 浅睡眠
  • 深睡眠
  • いびき
  • 体位

現時点では歯科保険適応外のため、自費診療10,000円(税別)の費用がかかります。
予めご了承ください。

入れ歯が合わない方、歯がなくて困っている方、当院の無料入れ歯相談でお悩みを解決しませんか?
相談から治療まで院長が直接対応いたします。

歯がグラグラして今にも抜けそう」、「差し歯や入れ歯が落ちそうで人前に出られない」「家族や友人と美味しい食事に行きたい」「歯を抜いて入れ歯治療を勧められた」、「インプラントか入れ歯かを悩んでいる」、「保険と自費の入れ歯は何が違うの?」など、入れ歯に関する様々な悩み相談を受付けております。

無料入れ歯相談のお申込みはこちら > > > >

お電話での予約はこちら 電話 03-6659-5963 9:30~13:00/14:30~18:30
土曜日午前診療 (日曜・祝日休診)

ページTOPページトップへ