部分入れ歯・総入れ歯なら、新宿区山吹町にある稲葉歯科医院併設 INABA入れ歯専門歯科室│部分入れ歯2

For Foreign Patients

部分入れ歯

少ない歯を守る入れ歯
「レジリエンツテレスコープ」

レジリエンツテレスコープは残せる歯が3本の場合に適応されます。
義歯の外形は総入れ歯と同様です。歯根膜という感覚受容器を1本でも多く残し、噛む感覚を脳に伝えることができます。
万が一歯を失ってしまっても、簡単な修理でそのまま長く使っていただくことができるという優れた面もあります。
レジリエンツテレスコープの維持力は歯ではなく粘膜のため、残っている歯にはほとんど負担がかかりません。

  • 残った歯(3本)に内冠をかぶせます残った歯(3本)に内冠をかぶせます
  • その上にレジリエンツテレスコープをかぶせますその上にレジリエンツテレスコープをかぶせます
  • ぴったりくっついて外れにくいので安心ですぴったりくっついて外れにくいので安心です

取り外せる“ブリッジ”
「可撤性テレスコープブリッジ」

歯がない不自由は感じていても、入れ歯やインプラントはやりたくないという方も多くいらっしゃいます。現在残っている歯を最大限に利用して、自分で取り外せるブリッジをつくることもできます。

  • 歯に内冠をかぶせます歯に内冠をかぶせます
  • その上にプリッジをかぶせますその上にプリッジをかぶせます
  • 「可撤性テレスコープブリッジ」

取り外せるブリッジのことを可撤性ブリッジと言います。ブリッジなのに、わざわざ外す必要ないのでは?とお考えの方もいらっしゃいますので、その利点についてご紹介いたします。

取り外せるというメリット

  • ブリッジのセラミックが割れた場合や、経年的に歯が変色した場合に修理ができる。
  • 残っている歯を最大限に利用するので、保存不可能な歯が将来でてきても、 その歯だけを抜いてしまえば、ブリッジはそのまま使用できる。
  • 入れ歯のプラスチックや金属床がつかないので、味覚、発音が良い。
  • 将来部分入れ歯に移行することができる。
  • 取り外せるので、お手入れが楽で清潔である。
  • 夜ブリッジをはめたまま寝られる。

保険よりワンランク上の入れ歯

テレスコープの入れ歯ではありませんが、保険適応よりワンランク上の入れ歯治療をご紹介いたします。

キャストパーシャル義歯

強度を保ちながら義歯全体を薄く軽く仕上げることができます。入れ歯のデザインも自由設計なので、発音や味覚に影響の少ない金属床や歯への負担を軽減するクラスプ(金属の留め具)を設置できます。

キャストパーシャルの一例

キャストパーシャルの一例

ノンメタルクラスプ義歯

バルプラスト、エステティックデンチャー、エステショットと言われている入れ歯です。日本ではノンクラスプデンチャーと言う名称が広まっていますが、正式名称はノンメタルクラスプデンチャーです。1960年代にアメリカで開発され、金属の代わりにプラスチックの樹脂で入れ歯の留め具を加工しています。

一番の魅力は金属の留め具の代わりに樹脂の留め具を使うので目立たないことです。しかし、維持力の調整が難しいこと、柔らかい材質なので噛むと義歯が動いてしまう、装着後4、5年経過して樹脂の留め具が劣化し破折する場合があります。当院でも採用していますが、見えないところは金属で補強した維持装置を設置しています。

ノンメタルクラスプ義歯の一例

ノンメタルクラスプ義歯の一例

入れ歯が合わない方、歯がなくて困っている方、当院の無料入れ歯相談でお悩みを解決しませんか?
相談から治療まで院長が直接対応いたします。

歯がグラグラして今にも抜けそう」、「差し歯や入れ歯が落ちそうで人前に出られない」「家族や友人と美味しい食事に行きたい」「歯を抜いて入れ歯治療を勧められた」、「インプラントか入れ歯かを悩んでいる」、「保険と自費の入れ歯は何が違うの?」など、入れ歯に関する様々な悩み相談を受付けております。

無料入れ歯相談のお申込みはこちら > > > >

お電話での予約はこちら 電話 03-6659-5963 9:30~13:00/14:30~18:30
土曜日午前診療 (日曜・祝日休診)

ページTOPページトップへ